ハマったところをメモしていきます。

若手SIerサラリーマンの独学メモ

java Spring Vue

Vue.js + Spring Boot + Heroku(Herokuへデプロイ〜環境毎プロパティファイル作成)

更新日:

内容

Vue.js + Spring Boot + HerokuでSPAを作成しました。
Vue.jsとSpring Bootは同じリポジトリ上で管理し、ビルドも同時に実施します。
それにより、最低限のソースコード管理とHerokuへのデプロイ時にまとめてビルドする状態を実現しました。
本記事は第二弾として、Herokuへのデプロイを紹介します。

Github

Vue.js + Spring Boot + Heroku(はじめに 兼 まとめ)

Vue.js + Spring Boot + Heroku(プロジェクト作成~ビルド)

Vue.js + Spring Boot + Heroku(Herokuへデプロイ〜環境毎プロパティファイル作成)

Springで環境毎に異なるDBを設定する。

Vue.js + Spring Boot + Heroku(認証作成 Spring Boot編)

Vue.js + Spring Boot + Heroku(認証作成 Vue編)

Vue.js + Spring Boot + Heroku(サンプルAPI作成)

Herokuへデプロイ

herokuへログインし、new -> create new app

アプリ名を入力し、Create app。

Deploy using Heroku Gitの記載に沿って、ターミナルからアプリをHeroku gitに登録。
※gitとHeroku CLIの導入が必要です。

※エラーの場合は、herokuのビルドでpackage.jsonが見つからない

Open appをクリック

herokuにホストされました。

ついでに環境変数を設定して、application.propatiesを環境毎に変更できるようにします。

ターミナルからHerokuに環境変数envを定義

src>main>resources配下のapplication.propatiesを編集

追加のapplication.propatiesを作成(中は空)

※IntelliJでファイルを追加する場合はGitに追加するか確認するメッセージが表示されます。コマンドでGit操作する場合はどちらでも良いですが、「add」を選択する方が無難でしょう。

DBを設定

Springで環境変数毎に異なるDBを設定する。を参考にherokuでデータベースを作成し、作成したプロパティファイルへ設定してください。
※上記記事のDBに沿った記事にしてます。

次章

-java, Spring, Vue

Copyright© 若手SIerサラリーマンの独学メモ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.